軽自動車が向いているのはどんな人?向いてない人の特徴も知ろう!

公開日:2021/11/15   最終更新日:2021/12/17

軽自動車には、向いている人とそうでない人がいることを、ご存知でしょうか?「家計を抑えたいから普通車から乗り換えたい」「軽自動車の方が運転も楽そう」など、さまざまな理由から軽自動車の購入を検討している方がいるでしょう。この記事では、軽自動車を所有する利点や軽自動車が向いている人の特徴などについて、ご紹介します。

軽自動車を所有する利点

ここでは軽自動車を所有する利点について、まとめています。軽自動車を所有する主なメリットは、以下の3つです。

税金や車検費用を安くできる

軽自動車は、排気量が一番少ないタイプの普通車よりも自動車税が安く設定されています。そのため税金を抑えたい方にピッタリ!

また、購入時および車検に出す際に発生する自動車重量税も、同じく普通車より安いです。そして、軽自動車は各種パーツが普通車より安く、エンジンオイルの量も少なく済むため、車検費用も安く抑えることができます。

車庫証明の手続きが不要!

普通車を購入する際は、国土交通省へ登録する手続きが発生します。しかし、軽自動車なら「軽自動車審査会」へ書類を提出することはありますが、国土交通省への登録は必要ありません。そのため購入時の契約においても、認印があればOK。印鑑証明や実印を用意しなくても大丈夫です。

また、地域によっては車庫証明の手続きも必要ないので、手間が省けます。

小回りが利くので便利

とにかく小さいのが、軽自動車の魅力。対向車が来ても、サッと避ければ接触事故の心配はありません。また、スーパー等でも軽自動車専用の駐車場があるので、混雑時でも空いている場所を割とすぐに見つけられます。そして何より、家の駐車場が狭くても楽に駐車できるでしょう。

軽自動車が向いている人の特徴

ここでは軽自動車が向いている人の特徴について、まとめています。軽自動車が向いている人は、以下の通りです。

単身者or子どもの小さい方

軽自動車は車体サイズ自体が小さいため、どうしても車の中が狭くなってしまいます。大人なら最大4人が定員のため、少人数の世帯で乗るのがおすすめです。

ただし、12歳未満の子どもなら3人で「大人2人」と数えられるので、子どもの小さい方なら大人2人+子3人で5人まで乗れます。そのため、単身者または子どもの小さい方は軽自動車が向いているでしょう。

運転初心者

車体の小さな軽自動車は小回りがきき、狭い道もスムーズに通れます。また、排気量が少なくパワーも弱いため、スピードを出し過ぎる心配もありません。

そのため、運転初心者または「運転が苦手」とお考えの方は、普通車より軽自動車の方が運転しやすいです。遠乗りするのではなく、ちょっと近くに買い物に行くだけなら、軽自動車の方が便利です。

家計を抑えたい方

車を所有する以上、自動車税は必ず納める必要があります。普通車は排気量に応じて税額が変動しますが、軽自動車ならすべて一律で税額が決まっています。とくに、新車登録してから13年目までは年1万800円の税額と、普通車の1/3以下です。

そして、保険料もプランや保険会社により変動しますが、一般的に軽自動車は普通車より2~3割ほど安く済むのです。この他にも、高速道路料金が約2割安くなる点も見逃せません。よって、家計を抑えたい方に軽自動車は向いています。

軽自動車が向いていない人の特徴

では、逆に軽自動車が向いていないのは、どのような人でしょうか?以下、軽自動車が向いていない人の特徴について、まとめました。

大人数で乗車したい方

軽自動車は小さいので、大人なら4人までしか乗れません。それに対し普通車の場合、車種によっては最大10人まで乗車できます。

そのため、大家族の方やよく友人知人を同乗させてドライブしたい方など、「大人数で乗車したい方」には軽自動車はまず向いていません。大人数での乗車を希望する場合は、人数に合わせたサイズの車を選びましょう。

高速道路をよく利用する方

軽自動車は、高速道路の運転には向いていません。まず、車体サイズの小さな軽自動車は、重量も軽くなっています。そのため強風に煽られやすく、横風の吹くことが多い高速道路やトンネルの出入り口は危険が伴います。

また、車体が軽いことから普通車なら無事に済んでいた事故でも、軽自動車なら大きく吹っ飛ばされて死亡事ゆえにつながることも珍しくありません。さらに排気量が少ないことからパワーが弱く、スムーズに加速できない点からも、高速道路をよく利用する方に軽自動車は向いていないといえます。

上り坂の多いエリアで暮らす方

軽自動車の排気量は、660ccまでとなります。排気量が少ないためパワーも弱く、坂道をちょっと上るだけでも強くアクセルペダルを踏み込む必要があるのです。

そのため、山道など上り坂の多いエリアで暮らす方にとって、軽自動車は不便に感じるでしょう。これまで普通車に乗り慣れていた場合は、とくに物足りなさを感じるかもしれません。

 

軽自動車が向いている人、そして向いていない人それぞれの特徴について、ご紹介してきました。軽自動車は維持費を安く抑えられるため家計の節約になりますし、車体サイズが小さいことから運転初心者にも向いています

しかし、パワー不足で物足りなさを感じたり、重量が軽いことから深刻な事ゆえに遭う危険性もあったりといったデメリットもあるため、自分に合うかどうか購入前によく検討することをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

名古屋市には、軽自動車を専門に取り扱っている販売店が多数あります。その中でも、おすすめできる店舗を3つ紹介します。 自動車を購入する際、値段やサービスが気になる方が多いです。ここで紹介する3

続きを読む

軽自動車はコンパクトさと経済性で人気があり、長距離運転においても性能を最大限に活かせます。この記事では、軽自動車での長距離運転時に留意すべきポイントをくわしく解説します。また、軽自動車で快適

続きを読む

軽自動車の所有者や検討中の方々にとって、任意保険の加入は重要な判断のひとつです。「少ししか使わないから要らない」と考えがちですが、万が一のときに対応できない可能性があるため、任意保険に加入す

続きを読む

アウトドア活動は、自然の中でリフレッシュし、日常から離れる絶好の機会です。軽自動車を使ってアウトドアに出かけることは、手軽さと経済性を兼ね備えた素晴らしい方法です。この記事では、軽自動車での

続きを読む

軽自動車は、その経済性と取り回しの良さで、多くの家庭にとって魅力的な選択肢です。しかし、ファミリーで使用する際には、単なるコストの面だけでなく、安全性、快適性、そして使い勝手など、さまざまな

続きを読む

燃費のよい車でよく話題になるのは軽自動車です。そんな軽自動車でも、普段から使っていれば、燃費は当然悪くなります。燃費が悪いとライフスタイルに大きな影響を与え、無駄な費用を払うことになるでしょ

続きを読む

軽自動車は基本的に燃費がいいといわれていますが、その理由は何なのでしょう。燃費がよければ、安い維持費で車を所有することができます。そのため、なるべく費用を抑えて車を所有したいと考える人から人

続きを読む

2023年も人気の車種である軽自動車ですが、種類がありすぎてどの軽自動車がいいかわからない人もいるでしょう。昨今の軽自動車は、デザインや性能のよいものが多いです。また、種類ごとに軽自動車の特

続きを読む

軽自動車は普通車と比べるとリーズナブルな車が多いですが、コンパクトカーよりも高い車も多く存在します。少しでも安く購入したいと考えている人におすすめな方法として、価格が安い店やキャンペーンを実

続きを読む

軽自動車の持ち主になると、税金が発生します。これが軽自動車税です。もちろん普通自動車税と比べると、安く済みますが、軽自動車税は最初の新規検査から13年を経過すると、税金が若干高くなります。で

続きを読む