軽自動車を購入するなら販売店とディーラーどちらがおすすめ?

公開日:2022/02/15   最終更新日:2022/02/22


車を購入する場合、購入先には販売店とディーラーの2つがあります。販売店とディーラーにはどのような違いがあるのでしょうか。また、軽自動車を購入するにはどちらが適しているのでしょうか。この記事では、販売店とディーラーそれぞれで購入する場合のメリット・デメリットを解説します。

軽自動車を販売店で購入するメリット・デメリット

販売店とは、自動車メーカーと特に契約を結んでいない自動車販売業者のことを意味します。そのため、1つのメーカーに縛られることなく複数の自動車メーカーの車を販売することができます。販売店で軽自動車を購入するメリット・デメリットについて説明します。

■メリット

販売店で購入するメリットとして、複数のメーカーの車種を取り扱っているため、一度にさまざまな車種を比較検討できるという点が挙げられます。一度店舗に足を運ぶだけで車の価格、車内の広さ、運転席の座り心地などいろいろな観点から、短時間で複数のメーカーの車種を比べられるのは大きなメリットでしょう。

また、特定のメーカーとの契約や規則に縛られることがないため、独自の値引きが可能な場合があります。さらに、車検や定期点検といったメンテナンス費用が比較的安いこともメリットの1つです。

■デメリット

販売店では、一般的に軽自動車やコンパクトカーなど小さな車を扱う販売業者が多く、SUVやミニバンといった種類を探している方には選択肢が限られてしまうというデメリットがあります。

また、販売店では自動車メーカーからの指導がないため、サービスの質にばらつきがあることもデメリットといえるでしょう。そのほか、アフターサービスにおいても、自動制御装置やスマートアシストといった先進的安全装備のメンテナンスに必要な機器をまだ揃えていない販売店が多く、結局はディーラーに持ち込まなければならないというケースもあるようです。

軽自動車をディーラーで購入するメリット・デメリット

ディーラーとは、特定の自動車メーカーと特約店契約を結んでいる自動車販売会社のことを指します。特定のメーカーの車種を取り扱うことを条件に車を特別価格で仕入れることができる一方、メーカーが定めたさまざまな基準を満たす必要があるのです。

その基準は販売や整備、ショールームの設計やデザインまで多岐にわたり、接客に対してもメーカーによる指導が行われます。ディーラーでの軽自動車の購入にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

■メリット

ディーラーは自動車メーカーからの指導を受けているため、サービスの質が一定水準を満たしていて、地域や店舗による質のばらつきも少ないという特徴があります。

新車購入時の手厚いサービスや、保証・メンテナンスなどのアフターサービスが充実していることもメリットとして挙げられます。やはり自動車メーカーの看板を掲げている安心感が最大のメリットといえるのではないでしょうか。

■デメリット

ディーラーのデメリットは、特定のメーカーの車種しか取り扱っていないことです。他のメーカーと比較検討したい場合は、いくつもの店舗に足を運ぶ必要があります。また、メーカーとの契約があるため値引きに上限があるほか、保証が切れた後のメンテナンスコストが高いなど、総じて費用が高いという傾向があります。

軽自動車を購入するなら販売店とディーラーどちらがおすすめ?

では、軽自動車を購入するなら販売店とディーラーどちらがいいのでしょうか。適した購入先は、購入時やアフターサービスにおいて重視するポイントによって変わってきます。

複数メーカーの車種を比較検討するなら販売店がおすすめ

販売店の最大の魅力は、複数メーカーの車を同時に比較できるということです。近年は各メーカー間での性能の差も縮まってきており、ライバル車同士を同じ場所で比較しながら検討したいという方には販売店がおすすめです。

少しでも安く購入するなら販売店がおすすめ

販売店は自動車メーカーの縛りがない分、大きく値引きができる可能性があります。また、販売店では新車販売よりも車検における利益を重視する傾向があり、新車販売の値引きをしてでも顧客を獲得したいと考える販売店も多いようです。そのため、値引き交渉をして少しでも安く軽自動車を購入したいという方におすすめでしょう。

充実したアフターサービスを求めるならディーラーがおすすめ

ディーラーでは、充実した保証はもちろんのこと、次回の車検まで安全に乗れるようにと予防整備も含めて提案をしています。車検や法定点検のほかにメーカー独自の点検も用意されているため、安心してカーライフを楽しむことができるでしょう。

保険関連の手続きも任せたいならディーラーがおすすめ

ディーラーは自動車保険にも力を入れている場合が多く、自動車保険などの手続きをすべて任せてしまいたいという方におすすめです。事故対応も万全なうえ、メーカー独自のカーローンやクレジットカードも取り扱っており、車に関するほとんどの手続きをディーラーで行うことができます。

 

今回は、販売店とディーラーどちらがおすすめかについて紹介しました。販売店とディーラーそれぞれにメリットとデメリットがあります。購入前にそれぞれしっかり把握したうえで、軽自動車を購入する際に重視したいことによって使い分けるといいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

軽自動車を購入して6年経つからそろそろ買い替えようか、買い替えたいけどいつがいいのかわからない、などと考えていませんか?この記事では、軽自動車を買い替えるベストなタイミングや、買い替え時の注

続きを読む

自動車を維持するには多くの税金がかかります。そのため、還付の作業もぬかりなく、無駄のないようにしておきたいものです。ここでは、車を購入するとさまざまな税金がかかること、還付金は自分で申請しな

続きを読む

軽自動車を中古で購入する場合、メリット・デメリットは何でしょうか。多くの方は新車より安いことがメリットで、多少のキズや劣化があることがデメリットだと単純に考えがちですが、中古車の購入にはほか

続きを読む

軽自動車の購入をしたいけれども、必要な書類や購入の流れを知らないという方もいるのではないでしょうか。自動車を購入する際は、多くの手続きや書類が必要となります。本記事では、軽自動車を購入する際

続きを読む

軽自動車の購入を検討する中で、レンタカーと比較するとどちらがお得なのか気になる方もいるでしょう。とくにレンタカーを利用した経験のない方は、レンタカーのメリット・デメリットが具体的にわからない

続きを読む

近年「未使用車」というワードが、車の販売市場でよく聞かれるようになりました。未使用車に興味はあるけれど実際どうなのか、費用や手続きがわからないという方もいるのではないでしょうか。 ここでは、

続きを読む

中古軽自動車を買いたいと思っている方は多くいらっしゃると思いますが、そのメリット、デメリットをはっきりと認識している方はあまり多くないのではないでしょうか。ここでは、中古の軽自動車を購入する

続きを読む

軽自動車は車体サイズが小さく軽いことから「横風に煽られやすい」「高速道路でも普通車なら助かるけれど、軽自動車だと死亡事故が起きやすい」など、何かと危険視されがちです。しかし、軽自動車は本当に

続きを読む

近年、軽自動車は著しく進化し、年代や世代を超えて人気を博しています。しかし、軽自動車を買いたくても、どんなお店で何に注意して購入すべきかわかりづらいもの。そこで今回、軽自動車販売店を選ぶ際の

続きを読む

車を購入する場合、購入先には販売店とディーラーの2つがあります。販売店とディーラーにはどのような違いがあるのでしょうか。また、軽自動車を購入するにはどちらが適しているのでしょうか。この記事で

続きを読む