軽自動車を購入するメリットとは?デメリットも合わせて解説!

公開日:2022/01/15   最終更新日:2022/01/31

これから自動車を購入しようと考えている方の中には軽自動車を検討している方も多いのではないでしょうか。普通車と軽自動車どちらにするか考えるうえで、気になるのは軽自動車のメリットです。そこで今回は、軽自動車を買うときのメリットとデメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

軽自動車とは具体的にどのような車なのか?

軽自動車とはどのような車なのか、まずはその定義から見ていきましょう。「サイズが小さい」「エンジンのパワーが弱い」など軽自動車に対するイメージはいろいろあるかと思いますが、具体的に説明するのはなかなか難しいですよね。ここで、一度改めて確認しましょう。

軽自動車とは「道路運送車両法」という法律で、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、エンジン排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350kg以下の自動車であると定義されています。12歳未満の子どもであれば、子ども3人を大人2人と換算し、計5人が乗車できるという例外もありますが、基本的にはこれらの規格を一つでも超えると軽自動車とは呼べません。

軽自動車の魅力

こうした規格の制限がある軽自動車ですが、この特徴を生かした軽自動車ならではの魅力があります。たとえば、ボディの大きさです。軽自動車は普通自動車と比べ、ボディサイズが小さいです。そのため、小回りがききやすく、運転しやすいというメリットがあります。

また、軽自動車は車体重量が小さく、エンジン排気量も少ないことから、燃費がいい傾向があります。燃費がいいということはガソリン代を節約できるということ。さらに、軽自動車は高速料金や税金も普通車と比べ安いため、維持費を抑えられるという魅力もあります。

軽自動車を購入するメリット

では、ここから、そんな軽自動車を購入するメリットについて紹介します。軽自動車をもった場合のメリット。それは大きく7つあります。詳しく見ていくと、軽自動車は普通車と比べ、維持費がぐんと安く抑えられることがわかります。ほかにも機能や走行性能など、軽自動車には魅力がいっぱいです。

メリット1税金が安い

自動車をもつといくつかの種類の税金が課せられます。その中で大きいものが自動車重量税と自動車税です。自動車重量税とは、購入時や車検時に納付するもので、車の重量によって算出されます。普通車では車両重量が大きいほど自動車重量税も高くなりますが、軽自動車の税額は車両重量に関わらず一律で、普通車と比べ安いです。

そして、自動車税とは車を所有すると払わなければならない税金で、住んでいる都道府県に収めるものです。普通車の自動車税は排気量に応じて税額が変動し、25,000円以上かかりますが、軽自動車は一律で1800円と安いです。このように、軽自動車を購入・所有することで課せられる税金は普通車と比べると圧倒的に安く抑えられます。

メリット2車検費用が安い

軽自動車をもつメリットとして、車検費用が安いことが挙げられます。これは、軽自動車であれば、エンジンオイルなどのメンテナンスに必要な機材が少なくて済むことや、交換が必要なパーツがあったとしても単価が比較的安いことが理由です。もちろん、車検を頼む会社や車種によって車検費用は変わりますが、軽自動車の車検費用は比較的安いという傾向が見られます。

メリット3有料道路の通行料金が安い

軽自動車はほかの自動車と比べて車体重量が軽いため、道路を傷める程度が少ないと考えられています。このことから、有料道路の通行料金が安く設定されていることが多いです。

メリット4燃費がいい

軽自動車は車体重量が小さく、エンジン排気量も小さいため、一般的に燃費がいい傾向があります。燃費がいいとは、少ないガソリンで長い距離を走行できることです。その分、軽自動車はエコでガソリン代も節約できる車であると考えられます。

メリット5室内スペースが充実した軽自動車も

昨今、軽自動車の性能は飛躍的に進化しています。室内スペースもその一つです。軽自動車とは思えないほど室内は広々とし、圧迫感の少ないものも多く販売されています。シートを倒せたり、天井が高く設計されていたりするため、多くの荷物が積めたり、座席に余裕のある使い方ができます。

メリット6小回りがきき、運転しやすい

軽自動車はその名の通り、車体がコンパクトなため、小回りがききます。対向車とすれ違うときにも、狭い駐車場に車を止めるときにも運転しやすいでしょう。

メリット7購入の手続きが簡単!

軽自動車は普通車と比べ、購入の際の手続きが簡素です。普通車を購入すると、国土交通省へ車両登録をしなければならず、実印や印鑑証明などなかなか面倒です。

しかし、軽自動車の購入手続きは軽自動車審査会に書類を提出するのみで、国土交通省への登録は必要ありません。さらに、車庫証明をとらなくてもいい地域もあり、手続きが比較的容易であると言えます。

軽自動車を購入するデメリット

ここまで軽自動車のメリットを7つ紹介しましたが、それに対して軽自動車を購入するデメリットは大きく3つあります。

デメリット1乗車人数が4人まで

軽自動車は乗車人数が4人までと制限されています。そのため、大人数で乗車する可能性がある人には向いていないと言えるでしょう。単身や家族が少ない場合にはおすすめです。

デメリット2車体重量が小さいため、安全性において不利

軽自動車は車体重量が小さいことから、事故が起きた際の被害が大きくなる可能性があります。さらに、高速道路では横風にハンドルを取られ、車が流されやすいこともあります。運転に注意が必要でしょう。

デメリット3加速しづらい

軽自動車はエンジン排気量が小さいため、エンジンのパワーが弱く、加速しづらいです。とくに、山道や坂道ではエンジンに余裕がなく、強くアクセルを踏まなければならなかったり、安定した走りができなかったりします。

 

軽自動車を購入するメリット・デメリットをお伝えしました。軽自動車をもつメリットは、維持費が安いという費用面や、運転しやすいという性能面などさまざまです。しかし一方で、車体の規格制限があることから、乗車人数が限られ、坂道での加速がしづらいなどのデメリットもあります。ライフスタイルに合った車選びが重要でしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

名古屋市には、軽自動車を専門に取り扱っている販売店が多数あります。その中でも、おすすめできる店舗を3つ紹介します。 自動車を購入する際、値段やサービスが気になる方が多いです。ここで紹介する3

続きを読む

軽自動車の購入は慎重な検討が欠かせません。信頼性・燃費・デザイン・安全性など、多岐にわたる要素をバランスよく考慮することが大切です。この記事では、使いやすさに優れ、多くのユーザーが「買ってよ

続きを読む

ペットを愛する家族にとって、軽自動車でのお出かけは楽しい時間です。しかし、ペットとの安全なドライブをするためのポイントがいくつかあります。この記事では、軽自動車を選ぶ際のポイントや必要なアイ

続きを読む

高齢者にとって、軽自動車は日常の移動手段として非常に重要です。しかし、年齢とともに運転に必要な身体的、認知的能力が変化するため、適切な車選びが必要。この記事では、高齢者が気兼ねなく運転できる

続きを読む

軽自動車はコンパクトさと経済性で人気があり、長距離運転においても性能を最大限に活かせます。この記事では、軽自動車での長距離運転時に留意すべきポイントをくわしく解説します。また、軽自動車で快適

続きを読む

軽自動車の所有者や検討中の方々にとって、任意保険の加入は重要な判断のひとつです。「少ししか使わないから要らない」と考えがちですが、万が一のときに対応できない可能性があるため、任意保険に加入す

続きを読む

アウトドア活動は、自然の中でリフレッシュし、日常から離れる絶好の機会です。軽自動車を使ってアウトドアに出かけることは、手軽さと経済性を兼ね備えた素晴らしい方法です。この記事では、軽自動車での

続きを読む

軽自動車は、その経済性と取り回しの良さで、多くの家庭にとって魅力的な選択肢です。しかし、ファミリーで使用する際には、単なるコストの面だけでなく、安全性、快適性、そして使い勝手など、さまざまな

続きを読む

燃費のよい車でよく話題になるのは軽自動車です。そんな軽自動車でも、普段から使っていれば、燃費は当然悪くなります。燃費が悪いとライフスタイルに大きな影響を与え、無駄な費用を払うことになるでしょ

続きを読む

軽自動車は基本的に燃費がいいといわれていますが、その理由は何なのでしょう。燃費がよければ、安い維持費で車を所有することができます。そのため、なるべく費用を抑えて車を所有したいと考える人から人

続きを読む