軽自動車の車検費用の目安とは?安く抑えるコツについても知ろう!

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/22


軽自動車の車検をはじめて受ける方のなかには、車検にかかる費用や流れ、何をしたらいいのかわからないと頭を悩ませているのではないでしょうか。ここでは、はじめての車検に役立つ軽自動車の車検費用の目安、車検費用が高くなってしまう時期、車検費用を安く抑えるコツ、車検の流れについて解説していきます。

軽自動車の車検費用の目安

軽自動車の車検費用は車の所有年数や車の状況、どの業者に車検を依頼するかによって上下します。しかし、一般的に普通自動車の車検費用の相場は6~12万円、軽自動車の車検費用の相場は5~8万円といわれており、軽自動車は普通自動車よりも安い傾向にあるのが特徴です。

この差には、自動車重量税が関係しています。自動車重量税とは、自賠責保険料と同じく車検時に支払う税金のこと。車両の重量に対して支払うため、重ければ重い分金額が上がります。たとえば軽自動車は12,300円、1.5トンの普通自動車で36,900円と3倍近くの差があるのです。

軽自動車の車検費用が高くなってしまう時期もある?

新車登録してから10年以上経過してくると、車検費用は高くなる傾向があります。なぜかというと、自動車重量税は13年以上経過すると割増しとなり、18年以上経過した車はさらに割増しとなるからです。自動車重量税が高くなる理由は車の劣化です。

車は10年以上経過するとエンジンベルトやドライブシャフトなどが摩耗し、交換しなければいけない部品が増えてきます。修理箇所が増えるほど当然車検費用も高くなるものです。軽自動車に限らず、新車登録後10年以上が経過した車は、車検を通して引き続き乗り続けるか、それとも買い換えるべきか、検討したほうがいいでしょう。

軽自動車の車検費用を安く抑えるコツ

車検にかかる費用は、法定費用と点検整備費用にわけられます。さらに点検整備費用は基本料金とそれ以外の整備費用にわけられ、法定費用は国が定めているため、どの業者を利用しても金額は変わりません。軽自動車の車検費用を安く抑えるためにはまず、点検整備費用の基本料金が安い業者を選ぶことです。

この費用は、名前の通り自動車を検査するための費用ですが、依頼先で大きく異なります。一般的に1番金額が高いのがディーラーです。ディーラーは、自社で車検を実施していることもありますが、実施していない場合、スケジュールがいっぱいの場合は下請けや関連会社に作業を委託していることがあります。

そうすると、当然中間マージンが発生しますので、費用が高くなる傾向があります。1番割安なのが車検専門店や中古車販売店です。最低限の車検に関する点検や整備だけを行うところも多く、費用が抑えられます。中には1万円を切る業者もあります。ほかにもガソリンスタンドやカー用品店の車検がありますが、自社で実施する場合は輸送が必要な工場に搬入して行うので、価格はまちまちです。

いずれにせよ、自動車を輸送することなく、自社で車検を実施できる会社は車検費用が安くなる傾向にあります。車検費用を抑えるためには、無駄な整備をしないことも重要です。車検を受ける会社は、点検整備費用の基本料金だけでは商売になりません。車検に通るためには、車を走行上問題ないレベルまでしっかりと整備された状態でなければなりませんので、これらの会社はここで儲けを出しています。

中には、車検とは一切関係ない項目まで「安全のため」という殺し文句でたくさんの整備を見積もりに入れる業者もいます。素人は、そもそも何が「車検に通るために必要な項目」であるのかさえ知りません。それゆえ過剰整備といえるような内容の整備をする業者がいるのも事実です。これを防ぎ、費用を抑えるには見積書の各項目が本当に必要なものなのかを質問していきましょう。そうすれば、少なくとも納得性のない過剰整備は防げるはずです。

軽自動車の車検の流れ

まず、見積もりをもらいましょう。見積もりの予約をして、車検に通す車をチェックしてもらい、総額がどの程度金額になるのか確認してください。見積書の内容に納得したら、車検の予約を行います。すぐに検査をしてもらえる場合もありますが、一般的には納車スケジュールを調整して入庫日を決定します。車検中は車が使えなくなるので、代車サービスの有無や終了予定時間などもあらかじめ確認しておきましょう。予約した日時になったら整備工場などに車を預けます。

もし、車検の検査項目に支障がある不具合が発覚したら、あらかじめ業者に伝えておいてください。検査に通れば車検は終了です。入庫から車検完了までの時間は1時間から3日と、車の状態や業者によって変わります。スピード車検を実施している検査場などの場合はすぐ返却されますが、不具合がないとも限りませんので、スケジュールは余裕を持って組むようにしましょう。

 

軽自動車の車検費用の目安、車検費用が高くなってしまう時期、車検費用を安く抑えるコツ、車検の流れについて解説してきました。車検に関しては、多く考えるべきことがあることがわかりましたね。費用を抑えるには、何が車検に通るために必要なのか、安全上何が必要なのかを明確化し、納得して車検を実施することがポイントです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

軽自動車とコンパクトカーは今や日本を代表する車であり、多くの人気車種も軽自動車・コンパクトカーに集中しています。しかしいざ検討すると「一体どちらを購入した方がお得なのか」と判断に迷ってしまう

続きを読む

現在、日本国内の新車ハイブリッド車の販売台数は42.80%です。ガソリン車の49.30%に迫る勢いです。それほど日本でもハイブリッド車の割合は大きく伸びています。そんな中、最近では軽自動車に

続きを読む

現在、スライドドア付きの軽自動車が人気です。これまでの軽自動車には、ヒンジドア(蝶番ドア)が一般的でした。スライドドアにしたことで、軽自動車の使い勝手がさらに向上したといわれています。では、

続きを読む

車の乗り換えを考えている方で、いま乗っている車の売却を検討している方も多いでしょう。しかし手続きについて、詳しく理解していないケースも珍しくありません。そこでこの記事では、車売却時に必要な書

続きを読む

軽自動車を購入して6年経つからそろそろ買い替えようか、買い替えたいけどいつがいいのかわからない、などと考えていませんか?この記事では、軽自動車を買い替えるベストなタイミングや、買い替え時の注

続きを読む

自動車を維持するには多くの税金がかかります。そのため、還付の作業もぬかりなく、無駄のないようにしておきたいものです。ここでは、車を購入するとさまざまな税金がかかること、還付金は自分で申請しな

続きを読む

軽自動車を中古で購入する場合、メリット・デメリットは何でしょうか。多くの方は新車より安いことがメリットで、多少のキズや劣化があることがデメリットだと単純に考えがちですが、中古車の購入にはほか

続きを読む

軽自動車の購入をしたいけれども、必要な書類や購入の流れを知らないという方もいるのではないでしょうか。自動車を購入する際は、多くの手続きや書類が必要となります。本記事では、軽自動車を購入する際

続きを読む

軽自動車の購入を検討する中で、レンタカーと比較するとどちらがお得なのか気になる方もいるでしょう。とくにレンタカーを利用した経験のない方は、レンタカーのメリット・デメリットが具体的にわからない

続きを読む

近年「未使用車」というワードが、車の販売市場でよく聞かれるようになりました。未使用車に興味はあるけれど実際どうなのか、費用や手続きがわからないという方もいるのではないでしょうか。 ここでは、

続きを読む